Hakuba47ウィンタースポーツパーク-白馬で一番標高の高い天然雪スキー場-

白馬47

2015年12月27日(日)、白馬村へスノボ旅行〜
初日は、白馬で一番大きなスキー場白馬47(&五竜)へ。
暖冬による雪不足と懸念されていましたが、山を超えて白馬村に到着したときには雪がちらつき若干だが積もってる!雪だ〜!とテンションが上がりましたが、ゲレンデに到着すると・・・すごい混雑。

白馬47ゴンドラ

リフト券を買うのに長蛇の列(,,゚Д゚)やばい。
1時間以上並びましたよ。。リフト券買うのにこんなに並んだの初めてだよ。。雪のちらつく中並ぶのも寒くてしんどかった。
10時頃到着して着替えて準備をしてチケット購入に並び・・・すでに11時半(泣)
リフト券のシステムがややこしくて購入に時間がかかる、そして人が多い上に外国人客が多いもまた時間がかかる原因の一つかと。

我が家はチビがいてそこまで本数が滑れないのでリフト回数券を購入したい。
雪不足の為、滑走できるエリアに行くにはゴンドラに乗らなければならない。
リフト1日券・半日券にはゴンドラ料金も含まれているらしい(回数券には含まれないのか?)
何のチケットを購入すれば良いのか、どのチケットが一番我が家に合っているのかお得なのかわからず悩みまくる。
インフォメーションの方に相談すると、リフト回数券2回分(2ポイント)でゴンドラに乗れる、今日は往復ゴンドラに乗らなきゃいけないので大人2人だと合計8ポイントは必要。
へ〜〜・・・いや・・その注意書きチケット売り場に書いといてよ!!
初めて来た私にはかなりわかりずらかった。
そしたら半日券にはゴンドラ料金も含まれているのでそちらの方がお得か尋ねると、今日は結構混んでるからリフトも並ぶしあんまり滑れないと思うよ〜、と。

結局リフト10回分の料金(4000円)で11回乗れるリフト回数券を購入しました。
回数券はゴンドラで登った先でも購入可能との事。
そしてリフト券はICチップのシステム。これまた私はお初で、保証金1000円が必要、リフト無料の子供もキッズ用ICチップを持たなきゃリフトに乗れない(それも保証金1000円必要)。
これもややこしや〜。

まあとにかくチケットを購入できたので、とりあえずゴンドラに乗る。
やっと滑れる〜!しかしこの時点で12時近くだったので、まずは腹ごしらえをしよう、とゴンドラで登った降り口横のキャロルというレストランで昼食を済ませることに・・・

白馬47キャロル

まじか(,,゚Д゚)
レストランも長蛇の列です。ありえない。
カツカレーを買うのに、こちらも1時間以上並びました(泣)
コンビニのおにぎりを持参していたので子供はそれを先に食べさせましたが、私がお昼にありつけたのは午後1時半過ぎ。
それ以降もまだまだ列をなしていました。
が、2時前頃「ポテトとからあげは完売です」とアナウンス、さらには「ご飯がもうすぐなくなるのでカレーもあと10食、ハンバーグもあと少しです」と。
列にずっと並んでこの仕打は可哀想・・・
しかし2時10分頃「カレーハンバーグ終了です!ラストオーダー2時なので!申し訳ありませんがご了承ください!」とアナウンス。しかもちょっと強い口調で(笑)お店側もこの混雑は想定外だったのでしょうか。

こんなんだったらゴンドラ乗る前に下で食べればよかった!
2時過ぎまで無駄な時間を過ごしてしてしまいました。

白馬47キッズスペース

このレストランにキッズスペースがあると期待していましたが、、この規模ではうちのチビは10分ももちません。。
もう一つキッズスペースがあるっぽかったけど貸し切りしてて利用できませんでした。

ふもとのチケット売場横のベースセンター内のもキッズスペースがありましたが、そちらのほうが広々としていました。

白馬47キッズスペース

そんなこんなでやっとのことで滑走。
雪質はやっぱりイイです!ふかふかで踏むとミシミシときしむような感じ。
でも例年に比べればやっぱり劣っているみたいですね。恐るべし暖冬。

パークが充実しているのと、林間コースも多いので初心者から上級者も楽しめるゲレンデですね。

リフトは3ヶ所程稼働していましたが、リフト乗るのにもやっぱり並びます・・・もう驚かないです(笑)

1本滑り・・・・終了〜

3時過ぎ、2本目滑ろうとしたら係の人が滑走路入口にロープをかけている。
「リフトが3時半で終了なのでもう立ち入り禁止でお願いします」
まじか(笑)
午前から来て1回しか滑れませんでした。
残念だなぁ。でもこの人の多さではしょうがなかったのかな。
後から耳にした話によると、白馬では一番標高の高くて人気のゲレンデ・例年ならこの時期には全面滑走可能だがこの時期にしては滑走可能エリアが少なく人が集中してしまったとの事。
又、オーストラリアや東南アジア(現在夏の国)や中国(もはや日本のどこにでもいますね)からの旅行客も多い時期だそうです。

リフト2回分の回数券を残して終了です。
Hakuba47は白馬五竜スキー場と山頂エリアで繋がっていて、共通リフト券。
リフト回数券は当日に限らず使えるとのことなので、最終日に五竜スキー場から使うことにしました。

そして・・最後の仕打ち・・・帰りのゴンドラにも長蛇の列です(,,゚Д゚)
最後の最後まで並ぶのか。30分程並んでゴンドラに乗り下山。さっさと宿へ向かいました。

初の白馬スノボ旅行初日は行列に並んで過ごしましたとさ。

リフト料金:大人1日券5000円・1回券400円/5歳以下無料(子供年齢別に料金設定あり)
リフト運行時間:8時10分〜16時10分
ゴンドラ運行時間:8時〜16時30分
リフト数:6機
ゴンドラ数:1機
コース数:10コース
標高:1614m
最大滑走距離:3600m
駐車場:無料

長野県北安曇郡白馬村神城24196-47