万座温泉スキー場

万座温泉スキー場
関越自動車道渋川伊香保インターから万座ハイウェイ経由で1時間半、上信越自動車道碓氷軽井沢インターから鬼押ハイウェイ・万座ハイウェイ経由で約1時間の場所。
少し行きづらい場所ではありますが標高1800mということで上質なふかな雪・・・そしてプリンススノーリゾートではキッズフリープログラムというのをやっていてリフトは小学生以下は無料!ということもあり行ってみることにしました。
草津に一泊してから、国道292志賀草津高原ルートで万座まで行こうと思っていましたが、なんと冬季閉鎖中( ゚д゚)!
知らなかった・・・
一度山を降りて万座ハイウェイから行くことになりました。
万座ハイウェイ普通自動車片道1050円・・往復2100円。やっぱり万座はちょっと行きづらい場所だなぁ。

プリンススノーリゾート万座温泉スキー場 万座温泉

到着して車を降りると、硫黄のにおいが。
温泉が川のように流れていました。
周りは山々に囲まれていて霧がかっていました。晴れていれば素晴らしい眺望なんだろうな。

プリンスゲレンデは初級コースですが結構急な斜面です。
でも広々としていて滑りやすそうです。

万座温泉スキー場ちびっこひろば

リフト脇にはちびっこひろばがあり、安全にソリや雪遊びができるようになっていました。
12月26日(土)からスノーエスカレーターが設置された場所でチュービングやソリ、スキーの練習ができるスノーパーク(有料)がオープンするらしい。

万座温泉スキー場

この日はゲレンデオープンの翌日
リフトはプリンスリフト一機のみ稼働、プリンスゲレンデのみ滑走可能。
午前中はかなりのスキーヤー率、プリンスホテルの宿泊者やバスツアーの人多いのかな、リフトも少し並んでいましたが、昼頃から早くも人が次第に減りはじめ午後からは並ばずにスムーズにリフトに乗ることができました。
リフトの降りるところは、斜面が少しあって溝ができていたりしてたので若干降りずらいと感じました。

雪質は、人工雪であってもふかふか感があります。
プリンスゲレンデの斜面はやっぱり結構急で、初心者にはちょっと怖いと感じるかも。
そしてスキーヤーのためなのか?結構デコボコにこぶがたくさんありました。。スノーボーダーはスピードを出すと吹っ飛ぶので注意です。
斜面も急だしこの凸凹斜面が怖くて私はちょっと苦手でした。

昼食はレストランアリエスカで。

万座温泉スキー場レストラン

本当はカップラーメンを持参していたので、休憩所にお湯があれば・・・と思っていたのですが、無料休憩所にはテーブル席のみで何も無く・・・
仕方なくレストランで昼食です。聞いたら、注文をすれば持ち込みオッケーとのことだったのでカツカレーとラーメンを注文。おにぎりと菓子パンを持ち込んで食べました。

万座温泉スキー場レストランメニュー 万座温泉スキー場カツカレー

人気No1のカツカレー
普通においしかった^^

午後になると小雨がぱらぱらと降り始め、スキーヤーはほとんどいなくなり、スノーボーダーがちらほらと残っている感じ。
人がかなり少なくなったので自由に滑走しやすく快適でした。

万座温泉スキー場プリンスゲレンデ

リフト券:1日券おとな4500円・1回券400円/小学生以下無料
リフト稼働時間:8時半〜17時(ナイターあり)
リフト数:4機(最長721m)
コース数:9コース
標高:1994m
最大滑走距離:2000m
駐車場:無料(1200台)
託児・室内子供遊具施設なし

万座プリンスホテル